ヴィトックスαで包茎は治るのか?

結論からいいますと、ヴィトックスαを飲んで包茎が治る人と治らない人がいます。

日本人の7割が包茎と言われていますが、包茎には大きく分けて仮性包茎・真性包茎・かんとん包茎の3種類あります。

仮性包茎

通常時は亀頭の一部あるいは全部が皮で隠れていますが、勃起時には痛みも締め付けもなく亀頭全部が顔を出すタイプです。

真性包茎

通常時も勃起時も全く顔を出さないタイプです。

かんとん包茎

皮の口が狭く亀頭が顔を出しても締め付けがあったり、痛みがあるタイプです。

亀頭を締め付けられたままにしておくと、最悪の場合亀頭が壊死(細胞が死んでしまう事)してしまいます。

この3つの包茎のうち仮性包茎は、ヴィトックスαで直すことが可能です。

真性包茎とかんとん包茎は、ヴィトックスαでは治らないと口コミサイトなどで言われていますが、ヴィトックスαにプラスで、キトー君という皮の口を広げる器具を使えば真性包茎も仮性包茎も直すことが可能です。

でも、最初にもいいましたが、ヴィトックスαを飲んでも包茎が治らない人はヴィトックスαを継続できない人です。

ヴィトックスαは体質を改善して結果が出るタイプなので、1カ月飲んだぐらいでは、ほとんど効果はないですし、キトー君もかんとん包茎で早くて1カ月、真性包茎なら早くても3カ月はかかります。

そんなに待てないのであれば、包茎手術しかありませんが、ヴィトックスαやキトー君で包茎を克服できた時の達成感はハンパないです。

もし手術かヴィトックスαの2択で迷っているなら、まずはヴィトックスαにチャレンジしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です